トラム乗車気分を味わえる茶餐廳(チャーチャンテーン)

投稿日: カテゴリー: スタッフにゃんでも日記娯楽@香港食@香港

香港の街中にたくさんある茶餐廳(チャーチャンテーン)、先日は「金記冰室」という茶餐廳に行ってきました。

入り口のドアを開けるとそこにはトラム(路面電車)が!? 迷わずトラム席をチョイス。

トラムに乗っているような感じでなんだか落ち着きます。

卓球ラケット形メニューでかわいらしい。

この日はちょっと肌寒かったので、定番の飲み物、熱檸茶(イーレンチャ)にしました。5枚もスライスレモン入っています!日本のレモンティーは1枚ですね、、、また、香港ではスライスレモンをスプーンでグリグリ押しつぶすのが香港流。

レシートはテーブルの間に入れて、お箸、スプーン、フォークもテーブルの引き出しから取り出します。これもチャーチャンテーン流ですね。

お会計も車掌室になっていてほっこりします。

レトロで楽しい店内。ゆっくりリラックスした時間を過ごせました^ ^

皆さんも時間があれば、香港トラム気分を味わえる「金記冰室」是非行ってみてください!

By SS

香港税務局から、プレゼントが?!

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk

 

なんとなく気の重い
グリーン封筒

 

春、、
税務局から届くグリーンの封筒。。。

皆さんマジメに(ゴマかさず 笑)申告してますか?

ヤマシイことなんてなんも無いのに、、
な~んかグリーン封筒に「ドキッ」としてしまうのはdonitchだけでしょうか。。笑

正直に申告するだけなので、何も怖がることはないハズなんですけどね。。
(というか、、ゴマかしたくても、ゴマかすものなんて、な~んにもありませんし)

 

恐怖というのは大げさですが、
なんとなくイヤな感じがするとすれば、
グリーン封筒より、この時期届く税務局からの封筒ですよね。

 

これね。。

 

はい、今日、、
信箱に来てました。。。(汗)

 

「今年はなんぼ払うんかなぁ。。」と、
恐る恐る封を切ってみると、、

 

おや?

 

HSBCの・・・

ん? チェック?!

 

小切手?!

 

あらら

HK$1,387

返ってきた~!

 

ラッキ~~!!

 

これで「アイーダ」行けるわっ!!

(アタマの中は『凱旋行進曲』♪♪)

と、のん気を装って喜んでみたりしたんですが、、

 

まぁ、考えてみれば

それだけ所得が減ってるというアカシなワケで。。。。

 

実は、、、情けない話ッス。。笑 泣

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

 

下次見~!
donitchでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

思い立ったが日曜大工日和! 平日だけどネ。。

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk
汚れもありますが
品質の揃った板です

 

なぜか板っきれがたくさんあるんです。

実は、ずいぶん前に知り合いの方が日本に帰られた際に置き土産的にいただいたものです。
元々何の板だったのかは忘れました。

で、、、
ふと思い立ったんです。前々からあたためていた、アレ作ってみようかな。。。と。
(時間はたっぷりあるし。。笑)

春の引っ越しの際にノコギリらしきもの(大陸製のオモチャみたいなシロモノで、ほとんど切れなかった)は棄ててしまっていたので、ご近所五金店で“新調”しました。
今回の「工作」で買ったものはこれだけです。

 

新潟県三条市製造

 

シャキーン!

よく切れそうです。

長さを測って切るポイントに印をつけておきます。

 

切るトコの目印

 

設計図はありません。

あ、
正直いうと、構造と設計図は既に前々からアタマの中にありましたので、ちょっとした確認スケッチだけで木工作業開始!です。

 

落書き程度

 

天才か?!

各パーツを組み合うように作って、釘は使わずに仕上がるハズです。

やっぱ、天才か?!

アパートの3階にある公共スペースの平台で作業します。
ここなら思い切りノコギリ使えます!

 

3階平台

 

平台より

 

よく切れるし!

 

シャコシャコ!

 

パーツが揃った!

 

うまく嵌らないトコロを微調整しつつ、、ちょっと組んでみます。

削りすぎてユルくなった箇所も。。。

 

それらしく組んでみる

 

でもまぁ、なんとなくそれっぽくなりました。

あえてペンキは塗りません。
(めんどくさいだけ。。笑)

ちょっとブサイクですが、、

木目を活かした「北欧調・下駄箱」完成です!

 

無理矢理の「北欧調」笑

 

イエイ!

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
右手邊(or いちば~ん下)の
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックしておいてください。

よろぴくです!

下次見~!
donitchでした。

 

 

DIYの店? 香港街角の「五金」って何? 

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk

 

ゴキン!

 

街角で良く見かけるでしょ?「五金」と書かれたカンバン。今まで気にしたことがなかった、という方、明日から必ず表通りでも裏通りでも目にすることになるでしょう。

 

あっちもこっちも「五金」!

「五金」の店はたいてい(というか“必ず”かな。。)路面店で、店頭には赤や青の大小様々なバケツが重ねられており、軒下には各種パイプの継ぎ手部分や「半斤八兩(Mr. Boo)」でお馴染みのトイレ・スッポンが各種重なり合うように並んでたりします。こういう「水廻り」のものだけでなく、店内にはペンキや釘、ネジ、各種工具なんかが所狭しと並んでいます。

で、「五金」って何なんさ? と、調べてみると・・・

金・銀・銅・鉄・錫(スズ)の5種類の金属のことで、五金商店とは金物屋のこと。

と、ネットで調べがつきました。(by 白水社 中国語辞典)

なるほど、元々は金属製品や金具を扱う店だったんでしょうが、今では「内装用品、器具や工具までなんでも!」みたいに変わってきたということでしょうか。。。(けど、金とか銀とかは別の店だし・・・)
若い香港人数人に「なんで五金なん?」と訊いてみたんですが、、
「唔知道~」らしいです。。。笑

 

何でも揃いそう

 

プロショップですね

 

まあ、「DIYのホームセンターミニミニ版」みたいな感じがしないでもないですが、、、
ちょ~っとニュアンス違いますよね。
香港で「ボク、日曜大工が趣味」な~んて話、あんまり聞いたことありませんし。。。店で扱ってるものが「プロ仕様」ですからね。。。いかにも「さっきまで現場にいたという」雰囲気の各業種の師夫(シーフー)の皆さんが、ペンキやらホースやらハリガネやらを買い足しに来ているという様子もよく見かけます。
マンションの内装や、店舗の引っ越しにともなうリノベーションが頻繁に行われている香港では、しょ~っちゅうどこかの部屋から改装中のドリルの振動と騒音がが響き渡ってますもんね。(イライラさせられるコトも頻繁です。。)

さて、、、、

実はdonitchもゴキン所の「五金」でいろいろ買ってます。

バケツやスッポンはもちろん、壁用塗料とか、ペンキとか、シンナーとか(スネークマンショーみたいなコトはありません。 笑)、蛇口のパッキンとか、釘とかネジとか・・・。

で、

作っちゃったりなんかもするのです。

何を?

この続きは「待て次号!」で。。 笑

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
右手邊(or いちば~ん下)の
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックしておいてください。

よろぴくです!

下次見~!
donitchでした。

 

 

香港っぽい?!遺産相続を巡る喜劇「ジャンニ・スキッキ」

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港芒果日記hk

 

なんでこんなポスターに?! 残念・・・

 

「誰も寝てはならぬ」はジャコモ・プッチーニの遺作となった壮大なオペラ「トゥーランドット」第3幕でカラフが歌う有名なアリアですが、プッチーニはこの作品完成まであと少し、というところでこの世を去ってしまいました。最後の最後の部分は弟子のアルファーノが加筆して完成に至ったものです。
ですので、厳密にいうと彼が完成させた最後のオペラは、その前に書いた「ジャンニ・スキッキ」ということになります(1918年初演)。「外套」「修道女アンジェリカ」とから成る「三部作」の最後に演じられる作品ですが、この内で、というか、、プッチーニの作品中唯一の喜劇です。
1時間に満たない小品ですが、この中で歌われる「私のお父さん(O Mio Babbino Caro)」はこのオペラ作品の知名度の低さとは対照的に、プッチーニの書いたアリアの中で一番と言って良いほどの人気曲であり、ソプラノ歌手のリサイタルを始め、CMや映画のBGMで使われるなどポピュラーな有名曲です。曲名は知らなくとも誰しも一度は耳にしたことがあるでしょうし、その旋律の美しさは忘れられない名曲です。

実は喜劇の中で歌われるこの曲の役割と意味を考えると、必要以上にモッタリせず、さらりと仕上げたカラスのこの歌いっぷり(1965年)はちょうど良い感じですね!

 

プッチーニのオペラの中で「トスカ」や「ボエーム」などの人気作品と違って上演される機会の少ない、この「ジャンニ・スキッキ」が香港で観られるとは思ってもいませんでした。

 

ロビーのにぎわい

 

いただき物に感謝しつつ

少し前になってしまいましたが、8月25日に金鐘(アドミラリティー)の大會堂(City Hall)で、前述の「三部作」のうち「外套」を除く二作品が、香港のオペラ団体「Opera Hong Kong」によって演じられました。指揮はDejan Savic、オケはOpera Hong Kong Orchestra。

「母も無く」以外に目立った曲も無く(登場人物は全員女性だし、、)ストーリー的にも地味すぎる「アンジェリカ」では、主役のアンジェリカ以上に存在感のある公爵夫人(Carol Lin:アルト)がなかなかでした。

 

シンプルなステージです

 

開演直前です

そして、個人的にお待ちかねの「ジャンニ・スキッキ」は期待以上に楽しいステージでした。
大金持ちのブオーゾが事切れる瞬間から始まるこのドラマは、彼の遺産相続を巡る親戚たちの欲と思惑が渦巻くドロドロなはずの物語がコミカルに演じられ、全編笑いに包まれた好演でした。何より登場人物の衣装が全て中国服というのに驚かされましたが、本来フィレンツェであるドラマの舞台を20世紀初頭の上海に移したShen Liang監督の演出が秀逸です。
有名レストランの創業一族や、「○○王」などと称される資産家の正妻、第二婦人やその子たちによる相続争いなど、時おり香港市民の関心を集める身近な(?)話題が題材となっているので、それと重ね合わせて、とても自然に笑いながら観る(聴く)ことができました。殊に主役のジャンニ・スキッキ(Sammy Chien:バリトン)は好演だったと思います。チャイナドレスのラウレッタ(Alison Lau:ソプラノ)の「O Mio Babbino」もなかなか可愛く、ナイスでした。

木嶋真優さんの時にもそうでしたが、会場には小朋友の姿が目立ちました。小さい頃からこうしてナマの音楽に触れられる彼らの環境が羨ましいですね。

 

次はヴェルディの大作「アイーダ」!

10月10〜15日

観たいっす!

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
右手邊(or いちば~ん下)の
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックしておいてください。

よろぴくです!

下次見~!
donitchでした。

 

 

 

投稿日: カテゴリー: スタッフにゃんでも日記娯楽@香港生活@香港食@香港

最近、“桃”に癒されています。
先日子供達のアートイベントがあり、香港島のCentralエリアにあるPMQ(http://www.pmq.org.hk/)に行きました。
ココは孫文が通ったといわれている「中央書院」の跡地、その後は警察宿舎として使われていた場所。
一見倉庫のような雰囲気の入り口の中にはとてもお洒落なレストランなど、新旧を感じられる場所です。

PMQ内のあるカフェで写真の大きなを桃発見!すぐさま飛びつき注文!(お会計時には驚き桃の木でしたが・・・)
日本から仕入れている桃は甘くてジューシーで食べ応えあり最高でした。
その数日後・・・弊社に桃が沢山はいった箱を発見!これはお客様から頂いた桃。今は冷蔵庫で優しく保管。
食べられる日を楽しみに・・・毎日桃を見ている私でした。

香港は日本から近く、鮮度が比較的保たれた状態で食材が手に入ることろもこの国の魅力です。

By MY

香港警察24時 ホンコンポリス

投稿日: カテゴリー: スタッフにゃんでも日記

数ヶ月前、香港警察のお手伝いをしてしまい、半日拘束されウンザリしていたのですが

先日出廷を命じられ、その出廷要綱なるものにサインが必要だと警察から電話が。

 

 

それが、なんと、夜中の1時

 

 

 

 

「ウィーアー ホンコンポリスですけど、

 あの、今君の家の下にいてね・・・・」

 

 

って、うん、まぁ、ご苦労さんですね・・・と0.5秒くらい考えましたけど

 

 

「おい、待ってろ今下りるから!(=ゴルアァwww)」

 

 

ということで、犯罪者並みの扱いを受けた私の堪忍袋が切れ

眠気が覚めたあたまのなかでトゥーランドットbyプッチーニ(誰も寝てはならぬ)をMAXボリュームで流しつつ

唐楼の階段を駆け抜けて、お若い警察官のメンズ2人を相手に一言。

 

 

 

「なんだ、チミたちは!!!」

 

 

 

もう・・・変なおじさんですね。完全に(←広東語不発)

 

コワなそうなヤンキー警察官2人と、志村けんもビックリな格好の私(←完全に犯罪者ルックス)

 

美声と勇気を与えてくれた、パバロッティも、もうこんな笑顔↓

 

 

 

一気に興ざめした私は、説教しながらサインして

 

「忙しいから、法廷に立ちませんよ」と書いてあげてグッバイ。

 

急いで家に入り(誰も見られてないことを祈ります)

 

何事も無かったかのように眠れましたが、翌朝。

 

 

 

「ホンコンポリスでーす。9月20日はどうだい?」

 

 

 

デートのお誘いでしょうか。いえ、そんなの望んでいません。。

 

 

 

ということで出廷は逃れられない

まるで檻の中にいる気分が数日続いておりますが

香港LOVEのみなさんは、是非ともご協力を願いたい。

 

 

 

もれなく、下記のアトラクションや特典もついてきます。 by KI

 

 

 

 

(以下、特典画像)

夢のリムジン(メルセデス・ベンツ×犯罪者使用(仕様))

 

VIP待遇の社内映像(メンズフレグランス臭がすごい)

 

エクスぺディアにもない、三ッ星ロケーション

 

歴史を感じる室内。

 

おねだりすれば貰える記念品(犯罪者用)

 

 

やっぱやるの?!「Sammy’s Kitchen」急展開!

投稿日: カテゴリー: 芒果日記hk食@香港

昨夜「りんご日報」ウェブ版に出てました!

まさか「閉店商法」ってコトは
ないですよねぇ。。笑

 

別にこの話題にこだわって追ってるワケではないんですが・・・
「消え行く老舗」ってコトでノスタルジックに取りあげたとたんだったので、少し驚きました。

ご安心ください。 急がなくていいです。笑

 

整理すると、、

今年5月に店舗の不動産オーナーが替わってぇ、、、
7月、現在の賃料8万3千ドルから15万ドル(!)へ、というの大幅値上げが提示されて、、、
「そら無理やわ」と、西營盤での存続を諦めて他のエリアでの物件探し、
北角(ノースポイント)で新店舗のアタリを付けるも契約に至らず。
9月の15日には店を閉めねば、という事態が報道されるや、「老舗」に別れを惜しむ客が殺到。夜は行列も出来るほどに繁盛し、エラ・クーン(官恩娜)とかいう歌手は2度もこの店を訪れたとか(2度も食べたい味かぁ??)。まあ、そんなこんなで7月、8月は売り上げが50%も急上昇したらしいです。(あ、donitchも貢献してます。ビビたるものですが。。笑)

そーこーしてるうちに、Sammyの馴染み客でもあるという、エンペラー・グループ(英皇集團)のエライさん・張炳強氏が「ワシの朋友が困っとるんじゃ。なんとかしてやってくれんかのぉ?」と店舗物件オーナーの湯文亮氏に、直接口利きしてくれたとか。

ちょっと頼むわぁ

 

けっこうあっさり。。笑

エンペラーには逆らえんっちゅーワケで「よろしおま、ほな2割引きの12万ドルにしときまひょか」とあっけなく2年契約の値引きが決定。

それでも12万ドル/月

これを受けてSammy’s Kitchenの創業者、Sammy爺の娘、二代目支配人の葉鳳儀氏は友情に感謝しつつ西營盤の同所での営業継続を決意した・・・ということらしいです。。今年85歳のSammy爺の「50周年はやっぱり西營盤で」という思いもあったようですね。

葉鳳儀氏

 

いずれにせよ、ビジネスの展開、決定が速いですね、香港。。。

 

これを機に、内外装の修復やメニューの見直しも行われるようです。(美味しくなるといいですね。。笑)
そして何より、あの「でっかい牛の看板」(アンガス牛らしいです。。笑)も、LED燈のミニ版でらしいですが復活するとも報じられています。

イェイ!

それにしても、、
鶴の一声というか、香港エライさんの一声というのは大きいですなぁ。。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
右手邊(or いちば~ん下)の
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックしておいてください。

よろぴくです!

下次見~!
donitchでした。

香港・老舗洋食店「Sammy’s Kitchen」あとわずか。。

投稿日: カテゴリー: 芒果日記hk食@香港
今はなき、西營盤の目印

 

むかしむかし、、私が香港に来て最初に住んだのが西營盤という街でした。啓徳空港に降り立って5日目のことです。
いま思えば無謀だったかも知れませんが、当時湾仔にあった会社へは、広東語もできないクセに、いきなりの赤のミニバス通勤でした。。。
仕事からの帰りのVAN仔(ミニバス)は皇后大道西を西に向かって突っ走ってきます。左手にでっかい牛の看板が見えたらドキドキしながら、「ヤウロッ!」と叫ぶ心の準備をしたものです。。。(遠い目)

イヤでも目立ってましたね。。笑

香港の香港らしい景観を作っていた「張り出しカンバン」は規制によって近頃どんどん姿を消していますが、皇后大道西における西營盤の目印だった香港老舗洋食店「Sammy’s Kitchen(森美餐廳 )」の「でっかい牛の看板」が取り外されたのは2年前のことです(撤去勧告は前々から出されていたようですが)。その前年の2014年ににMTRの駅ができて以降のこの界隈の、急激な変貌ぶりを象徴する出来事だったかも知れません。

そして更にこの夏、名物カンバンを失ったSammy’s Kitchenの店そのものが無くなってしまう、というニュースを目にしました。。。1969年の創業から50年近い歴史を閉じると。

思い出だけが溜ってる

 

シブい。これはマネできないわ

ご多分に漏れずというか、予想通りというか、店舗賃料の高騰が主な理由です。「旧賃料より90%アップの14万ドル」と明報のネット版で出てました。西營盤の古いローカル洋食店の賃料が月に14万ドルって。。。(まあ、追い出して唐楼自体を高級チックなマンションに建て替えたいのかも知れませんね)それ以外にも人件費の上昇や、「汁王」Sammy爺の高齢にもよるのでしょう。

なんだか寂しい話題ですね。

 

なーんて言いつつ
実はdonitch、この店、片手で数えられるほどしか行ったことないんです〜!

そのワケ? 理由?
すぐ近くに住んでいたので「いつでも行けるわ」という気持ちと、、、

正直に告白すると、、

 

♪ザカザンッ!

べつに美味しくないんです!

とくに安くもないんです!

天井が低く、穴蔵みたいな店内はカビ臭く、

ぼんやりした店員の数だけやたらに多のです。

まあ、、“香港なら何でも大好き!元気をもらいに香港へ!” な観光客の方々しか喜ばなそうな「雑に古い感」が充満している店なんすよねぇ。。。
(あ〜あ、言っちゃった・・・)

すまし汁のように薄口な「ボルシチ」

 

セットにすると+10ドルと良心的なルービー

 

ランチセットは香港餐廳あるあるな「ゴムゴム食感ビーフ 黒胡椒ソース」に「フガフガ・ナイデンテ・パスタ添え」57ドル

 

スマホばっか いじくってるし。。笑

なくなると知って、改めてこみ上げて来るものなのですね、ノスタルジックな思いといふのは。。

そして「無理矢理デフォルトでたっぷりかかったソースが何とも言えずウマい、スゲー店だったよな、あの店」
と「おもひで」で中でその評価も昇華されていくのかも知れませんね。

ちょっと「矍鑠としている」とは言い難い感じだった、Sammy氏

 

改めて店員さんに訊いてみたら、
「今月の15日まで」とのこと。

 

この雰囲気、味わいたいなら、今がラストなチャンシーです!

 

牛のカンバンはなくなっても、変わらぬ店構え

 

森美餐廳
Sammy’s Kitchen

西環皇后大道西204-206號地下
204-206 Queen’s Road West, Western District

MTR西營盤駅 A1 出口, 徒歩約1分
TEL:(852)2548-8400
OH:10:00-23:30

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
右手邊(or いちば~ん下)の
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックしておいてください。

よろぴくです!

下次見~!
donitchでした。

香港のゲーセン

投稿日: カテゴリー: スタッフにゃんでも日記娯楽@香港

先日、香港人の友人とチュンワン(荃灣)へ遊びに行き、とある大型ショッピングモール内のゲーセン(ゲームセンター)に立ち寄りました。
店内には、UFOキャッチャー・車のゲーム・ホッケー等、ほとんど日本と同様のゲーム機が並んでいましたが、ゲームを始める際、日本のように直接お金(100円や500円玉)を投入するのではなく、全ゲーム共通のコインを使用するという点に違いがありました。お店によっては専用のカードにお金をチャージして使用する場合もあるようですが、いずれにせよ香港内の店舗では直接お金を投入することは稀なようです。

今回行ったゲーセンの場合、コイン1枚HK$2。私たちはHK$100をコインに替え、計3つのゲームで遊びました。ゲーム終了後には、機械からオレンジ色のチケットが何十枚も出てきて、その合計枚数で商品と交換できるというシステム。私たちは身長ほどの長さにもなる合計150枚のチケットをゲットし、何を貰えるかワクワクしながらカウンターへ行きました。

しかし、結果は”お菓子(フエラムネ)”のみ。肩を落としながら商品棚に目を向けると、キャラクターものの靴下:750枚、ラジコンカー:5,740枚との記載がありました。常連になってチケットを貯めないと良い商品はゲットできそうにないですね。

ちょっとした暇つぶしとしては良いかもしれませんので、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

By HS