【新卒向け】アジア 海外就職をするために今できること【資格・経験・給料】

投稿日: カテゴリー: 仕事@香港



最近、「新卒」で「海外就職」を検討されている方からの相談を受けることが増えています。
はじめに言っておきますが、香港では新卒の場合、就労ビザ取得が難しく、香港の新卒での就職は難しいとお考え下さい。

実は、私も大学卒業後、新卒で海外に就職した経験があります。

それを踏まえてアドバイスさせていただくと、最初から海外就職に「仕事の選択肢」・「高待遇」・「高い給料」等を求めているのであればまずは新卒切符を使って日本の企業に就職し、経験を積んだ後海外で就職するのが一般的には一番の近道だと思います。

ですが、待遇やお金よりも「海外就職」に明確な動機があり、リスクを取ってでもやってみたいという方がいらっしゃったら是非、この記事を参考にしてチャレンジしてみてください。

新卒で海外就職をし、キャリアアップさせた方もいらっしゃるので、目標やプランの仕方により成功させるのも不可能ではありません!

香港が難しいことはすでにお知らせしましたが、現在アジア諸国のビザ規定の中で新卒を受け入れているのが、「タイ」です。

卒業後すぐにアジアで働く志のある方は、まずタイの求人を攻めていくのが確実と言えるでしょう。

他の国はケースバイケースのところが多いです。
マレーシア、ベトナム、インドネシア等も職種や経験によってはビザが降りる場合もあるので、一概に不可能とは言い切れませんが、かなり稀なケースにはなるでしょう。

by H.K.

中環で「白亜紀の王者」に会える!

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港芒果日記hk

今、セントラルのifcモールで

T-Rexに会えます!

 

♪ 20th century toooooy

 

おっと、、

こっちぢゃなくて、、笑

 

恐竜のティラノサウルス レックスです!

MTR中環駅から香港駅まで、あえて地下道を行き、「F出口」からエスカレータでifcモールに上がって行くと、、

ズズズズズズ

 

と、こんな感じで「出現」します。

(ゴジラさんのお声を拝借しました。イメージです、イメージ。。)

 

デカイです!

ピンク
よくこんなん組み立てたなぁ。。

私が子供の頃、夏休みや冬休みは東宝チャンピオン祭りの「ゴジラ・シリーズ」、大映マンガ祭の「ガメラ・シリーズ」が最盛期で、テレビでは毎週ウルトラ系の新種の怪獣や○○星人が現れるという、まさに「怪獣黄金時代」でした。
当然恐竜も人気が高く、私も学研の「科学と学習」の「科学」だったか、誠文堂新光社の「月刊・子供の科学」でだったか、最初に発見された恐竜「イグアナドン」の発掘物語に夢中になったものでした。
「恐竜図鑑」を毎日のように眺めながら、ブロントサウルスだのステゴサウルスだの、トリケラトプスだのと恐竜の名前を憶えたものです。中でもカッコよかったのは二足の肉食恐竜ですね。ゴルゴサウルスにアロサウルスに、チラノサウルス・・・。そう、当時は「ティラノ」ではなく「チラノ」と表記されていたのを記憶しています。「レックス」も書いてなかった。
しかも、、当時の恐竜たちは皆シッポを地面にひきずっていましたよね。ゴジラスタイルのあの胸を張った姿で描かれていました。オモチャや模型で恐竜を再現するには3点で上体を支える方が安定よかったでしょうが、生物学的研究が進み、現在の鳥のような歩行スタイルだったという風に改められたのですね。

まあ、鳥の祖先は恐竜ですしね。

 

えーっと、、ifcモールのティラノサウルス レックスですね。全長は12メートル、重さ約2トンということですが、これは化石の重さでしょうね。調べてみたところティラノの体重は5〜6トンと推定されているようですから。

まあ、見上げるほどに(笑)大きいです。。。

人間なんてオヤツですね。。こわっ!

私は、初めてナウマン象の全身骨格を見た時「象なのになんで鼻がないん?」と思ったほどマヌケな子供だったのですが(笑)、このティラノの全身化石は分かり易いですね。

あ、写真は撮り忘れてしまいましたが化石の傍に「実際にはこんな姿だったんだよ」と、CGで確認できるタブレットが設置されています。

バランス、バランス
つんつん。。。さわれます。
これを枕に昼寝したら、白亜紀の夢をみるでしょう。。

6,500万年前の白亜紀、300万年にわたって地上最大、最強の生き物として生態系の頂点に君臨したとされるティラノサウルスですが、地球誕生から46億年という時間の中ではほんの短い期間でしかありません。
10数メートルの体長、数トンの体重にしても地球規模、宇宙規模で見ればち〜っぽけな存在ですね。

 

ましてや高々20万年選手の我々人類なんて、ねぇ。。。

 

俯瞰で見ると、
キレイに食べた焼き魚の残骸に、、さも似たり。。

 

口に脚がついてるような。。
展示は今月27日(水)まで

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

E-BOOKS

投稿日: カテゴリー: 生活@香港

住む場所が限られてる香港では、本を買うのも贅沢になります。おまけに今はエレベータなしの所に住んでいますので、引越しの時の苦労を考えたら涙が出そうです。

それを解決する為に買ったのが、Kindleです。一番軽い端末の重さはたった161g、持ち出し易いので、出勤中に愛用しています。

昔は欲しい本を予約して、郵送を待つ必要がありましたが、今は待たずに直ぐ手に入ります!気になる本があれば、先ずアマゾンでサンプルを読んで、本当に欲しいと確認してから購入する事も出来ます。さらに、半額くらいの割引もあるので嬉しいです!

便利~いい買い物をした~と喜んだら、一つ大きい問題を発見しました。
なんと、本当は日本のKindle本は海外から、買えない事です。世界はネットで繋がる時代になりましたが、買えないのです(涙)

今はまだ運がよく購入する事が出来ていますが、いつ急に買えなくなるのか、ドキドキしながら今日もKindleをカバンの中に入れて、出勤します。

by K.A.

暑い5月

投稿日: カテゴリー: 生活@香港


今年の5月は暑いです!

端午節の前までに衣替えをする慣習がありますが、今年の端午節は6月中旬に行われるというのに、もう暑くてたまらないのです。

今年の5月は33度以上の日が15日間も続き、昔の記録が破られました。
気象局は最も長い連続酷暑の記録が更新されたと発表しました。二番目は1963年の5月で、8日間でした。

酷暑のせいで倒れた人はどんどん出てきた上に、小さい貯水場も涸れてしまいました。

今年の梅雨時期は季節風とぶつかって、何となくならなかったのに、
また異常な暑さが襲来して、これは地球温暖化のせいでしょうか。

これからの気候はどうなるんでしょうか。

by P.C.

エレベーター修理まだ??

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk
前のアパート1

約一年前まで住んでいた、築約40年の古いアパートにはエレベーターが2基ありました。奇数階、偶数階別々のやつです。
なにぶん古いのでしょっちゅう点検や故障で止まってました。その時はフラットの裏口から階段に出て、ウチは偶数階でしたので奇数階へ一つ降りて奇数階用エレベターを使う、というめんどーがありました。

あ、、、乗ったら途中で止まってしまい30分程閉じ込められたコトや、両エレベーターとも止まってしまい、数日間18階まで階段を上り下りしたことも。。。笑

前のアパート2

 

現在のアパートは割と新しいですが、27階建てで1フロアに4フラットと小ぶりです。住居は4階からなので全部で96フラットを2基のエレベーターでまかなっています。

そのエレベーターの1基が、5月の18日から止まってしまいました。

もう2週間。。。

 

全住人と1〜2階の教会や学習塾に出入りする人達がたった一つのエレベーターを利用するワケですから、当然「好煩」です。。

 

貼り紙によると、

「Replacement of main sheave bearing and gear box bearing, motor bearing」

とのこと。
詳しい事は分かりませんが、とにかく複数のベアリング交換のようですね。

そして同じく貼り紙によると、29日には部品の交換の工事が行われるはず、、、でした。

が、

いまだに止まったままです。

この貼り紙もすでに剥がされてました。。

「あれ? 29日には直るんじゃなかったの?」と、管理人さんに訊ねてみると、予定の29日に業者が来なかったとのこと。

「なんでよ」とさらに訊いても、
「知らんがな、事務所の方にも電話したけど部品の在庫がないと言っとる。いつになるか分からん」とか。

「Your Country Company」と、そこだけ何故か英語で言われましたが、、

いやいや、エレベーターはTOSHIBAさんのだけど、管理会社は香港の会社でしょ。。。(苦笑)

Yes. My Country Company

まあ、ここ香港ではデリバリーや修理のシ〜フ〜が時間通りに来ないのは当たり前ですので、慣れっこにはなってるつもりでしたが、、

エレベーターのメンテがいつになるか分からんとは。。。
急がせていいかげんな修理されても怖いし。。。

 

困ったもんです。。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

米線も好きだけど・・・「雲南老巷」

投稿日: カテゴリー: 芒果日記hk食@香港

日本に住んでいた時はお目にかかったことがなく、ここ香港で初めて知った「米線」というヌードル。
最初はお米が原料であること、表面がツルツルでお箸で持ちにいこと、パウンパウンと弾力のある食感が、自分自身の「麺とはこうあるべし」という基準に外れているせいで好きではありませんでした。

が、

いつの間にやら私の中の「香港で割と好きな物」の上位にランクされています。
「めちゃ好物」というワケでもありませんが。。。笑
米線というより、麻辣のトリコになっている、という感じかもしれません。

 

私が住んでいるディープ九龍エリアには雲南系の米線を食べさせる店が数多くあります。香港で(今や日本でも?)有名なチェーン店もありますが、たいていどこも小さな店です。

まあ、お味的にはどこも同じよーな感じでもあり、やっぱりそれぞれビミョーに、あるいはハッキリとした違い(特徴)を持っています。
いろいろ試してみましたが、どこも美味しい! 笑

きょうはその中の一店をご紹介しましょう。

冬は表で煲仔飯も炊いてます

「雲南老巷(ワンナムロォホン)」という店です。

シブい。。
せまーい。。

ホントに小さな店です。

見るからに激辛な一品ものもありますし、撈米線(汁なし米線)もあります。冬場は煲仔飯もやってます。

やっぱりビールが欲しくなる。。
撈麺もあるでよ〜

米線チームは他店の多くがそうであるように、基本の米線にスープの種類(清湯、酸辣、麻辣)とトッピングメニューを選ぶ形式です。注文シートにチェックを入れる形式の店が多く、その方がラクなのですが、ここは口頭で伝えなければなりません。まあ「ニーコー、アンド、、ニーコー」と指差しでもいけますので広東語ができなくても「モウマンタイ」です。

トッピングメニューは
ちょっと分かりにくいですが。。

そして、この界隈の米線店と明らかに、大きく違う点が。

ざんっ!

腩肉(豚バラ肉)、腐皮(ゆば)の
小麻辣米線
ドンブリ鉢が陶器!
そしてデカイ!

高級店は別として、このテの米線店ではほとんど、箸でたたけばカコッという音のプラスチックの器を使ってますよね。チンチン〜と鳴る陶器の器を使っている店は珍しいです。
これだけでも嬉しくなってしまうんですよね〜。。。

肥牛(薄切り牛肉)、生根(ゆば玉油揚げ)の
小麻辣拉麵

ヌードルは米線(米)、薯粉(いも)、拉麵(麦)から選べます。

さんざん米線、米線と言っといてナンですが、、

ここの拉麵(ラーイミン)が好きです。笑

日本のそれとは違いますが、
拉麵(ラーイミン)です

あ、お味?

直球でとても美味しいです!

 

ちなみにビールはメニューにありませんが、

「外で買って来ていい?」と聞けば、

ニコリともせず「エエよ」とおばちゃんが持ち込みを許してくれます。。笑

 

イェイ!

 

雲南老巷

長沙灣元州街473號地舖
G/F, 473 Un Chau Street, Cheung Sha Wan
MTR長沙灣站駅 B 出口, 徒歩約8分鐘

TEL:(852)23703273
OH:11:00 – 23:00

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

 

玩緊手機game

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk
連日の酷熱天氣警告

「それは言うな」と仰るかもしれませんが、、、

いやぁ〜、あっついですねぇ〜。。

前回、「香港はこれからジメジメと蒸し暑い季節」なんて書いてしまいましたが、
雨なんかちっとも降らず、ストレートに酷暑、コクショな日が続いていますねぇ。。
これほど暑い香港の5月は初めて、と思ったら、
やはり5月における連続酷熱天氣警告の記録らしいです。
いったい夏本番はどうなってしまうんでしょうか。。

思い起こせば今年の冬は特に寒かったのに・・・。

こんな暑さにもかかわらず、人気の飲食店に行列ができてたりするのには驚きます。「人気店で食べたい」というのは暑さ、寒さに関係ないのでしょうね。

さて、、

以前、とある日本料理店へ行った時のこと。。
ここは人気店ですが席数20ばかりの小さな店ですので、外にはいつも番号札を握りしめた席待ちの人がたむろしています。
私もたいした時間ではありませんでしたが、しばらく待って店内へ。
相席でしたが「冇問題」です。
注文を済ませ、なにげなく店内を眺めていると、4人の若い男女がそれぞれ携帯のゲームをしながら注文の品が来るのを待っています。時々広東語で会話もしながらですから、オンラインで繋がっているのかも知れません。まあ、ヒマつぶしにはいいかもね。
しばらくすると、私の注文したものが運ばれてきました。(あ、ビールは先に来てます。笑)
おや、あの若者達より早く来た・・・。まあ、モノによってはそういうこともあるからね、と気にせず食べていると、

「唔該、埋單」

え?!

彼らです。

そう。彼らは注文した食事を待っていたのではなく、すっかり片付けられたテーブルで食後のゲームタイムだったのです!
外で人が待ってるっつーのに!(驚)

「オレらだって待ったんだし、一時間も居座るワケじゃなし、別にいーんじゃね?」ってなトコでしょうか。。。

待ってる人がいるから早めに出よ。。とか思ってしまう、気の小さい私なんかにはマネできないゲートーです。。。

が、この手の光景、時々見かけません?

 

別の時、別の店で
玩緊手機game
こっちの男子も食器片付けられちゃいました

 

「食べたらとっとと帰れ」とは言いませんが、なんだかねぇ。。

お店側も食器はさっさと片付けたがるくせに、なぜか長居には寛容なような。。

逆もありますね。

頼んだものが来てるのに、文字通り「そっちのけ」でゲームに夢中な人。
「冷めちゃうよ〜! のびちゃうよ〜!」

と関係ないのにヤキモキしちゃったりして。。。

 

手付かず。。 お店は混んでませんが・・・
こっちは食べ終わりましたよ〜
15分以上放置。よっぽど猫舌?

 

これは余計なお世話ですかね。笑

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

Pets

投稿日: カテゴリー: 生活@香港



My dog kept smile when he was jogging on a sunny day !

Owning pets in Hong Kong has become increasingly popular. Whether we are pet keepers or not, we are surrounded by animals.

In Hong Kong, some dogs owners treat their dogs like their “daughter and son”. Grooming of dogs goes way beyond a brush and toe-clip — but also includes lavender oxygen therapy and a milk bath etc.

With a lack of dog-friendly open spaces, pooches in Hong Kong are often wheeled around in strollers or carried in their owners’ handbags.

However, hundreds of pet owners in Hong Kong still choose to give up their pets every year. Common reasons for the surrender of dogs including housing does not allow, moving house, no space, no time, behaviour problems of dogs etc.

No matter which pet you are going to have, consider its needs before getting one.

by M.W.

More tolerance, prettier Hong Kong

投稿日: カテゴリー: 生活@香港


It has been raining for days. When it rains, there seem to be more accidents on roads and more conflicts among people. In recent years, people tend to be less patient. We see people argue with, shout at, or even fight with each other when they have disagreement. People have become more and more agitated. Some are unreasonably rude and hostile.

About two weeks ago, two men were driving on Kwun Tong Bypass. When one wanted to surpass another and the other didn’t let him do so, both of them were furious. The two cars eventually crashed. The two drivers were even angrier and could no longer control themselves. They got off their cars and fought with each other on the highway. It was all due to zero tolerance.

A couple days ago when I was riding on a tram, I heard somebody shouting. I looked back and saw a 50-ish lady who sat by the window blaming a secondary school boy for the fact that the water dripping from his umbrella had dropped onto her feet. He immediately said sorry and the conflict did not arouse another fight.

We see the difference between letting one’s feeling explode and tolerating for a second. If people are less self-centred and understand others a little more, there may be a lot less argument in society.

by A.L.

気軽にサーカス観覧

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港


先日、満2歳の子供も連れて家族でサーカスを観覧してきました。
現在Centralの特設会場でCirque du SoleilのKOOZAが期間限定(~6月3日)で行われています。
http://www.asiaboxoffice.com/kooza

香港では特設会場でサーカスや美術品などを気軽にお手軽に見れる環境があり、とっても魅力的な部分だと思います。
日本やヨーロッパでは服装チェックが厳しく、子供は入場禁止、撮影も注意される厳しい目が周辺にはうじょじょ。

我が家は日曜日のお昼に観覧しましたが、子供が沢山!!
抱っこ紐にすっぽり納まっている程の赤ちゃんも来ていました。
多少のボリュームであれば泣いても話しても回りの人はあまり気にしない環境は子供に優しい香港だからこそ!
両親にとっても気兼ねなく外出ができる環境は母国よりも快適です、、、
(もちろん快適ではない事も多々ありますが・・・)

映画、歌手のコンサート、サーカスや展覧会など、
日本ではなかなか行けない催し物も比較的スムーズにチケットが手に入りますので
日本在住の方は是非イベント目的でも香港へ遊びに来て下さい~

by M.Y.