1月 4

香港政府発表の2017年公休日は毎週日曜日の他、以下のとおりとなります。

元日の翌日 1月2日(月)
旧正月初日 1月28日(土)
旧正月三日 1月30日(月)
旧正月四日 1月31日(火)
清明節 4月4日(火)
キリスト受難の日 4月14日(金)
キリスト受難の日翌日 4月15日(土)
イースターマンデー 4月17日(月)
労働節 5月1日(月)
仏誕節 5月3日(水)
端午節 5月30日(火)
香港特別行政区成立記念日 7月1日(土)
国慶節の翌日 10月2日(月)
中秋節の翌日 10月5日(木)
重陽節 10月28日(土)
クリスマス 12月25日(月)
クリスマスの翌日 12月26日(火)
12月 3

香港の大手航空会社キャセイパシフックは2日、管理職以外の一般従業員の昇給率を2%と発表した。同社の賃上げ率としては2013年以来の低水準となった。賃上げ対象者は香港ベースで勤務する14,000人。賃上げ凍結の管理職は約3,000人となった。また、年末の賞与は昨年同様に香港ベースで勤務している全従業員に対して給与の1ヶ月分を支給すると発表した。キャセイ航空の賃上げは毎年労使間で激しい攻防が報じられており、労働組合側は来年も5%の賃上げを要求していたが、業績の悪化を受けて2%を承諾した。

11月 21

在香港日本領事館は、21日、2016年後期の日本と香港間のワーキングホリディ対象者が493人の過去最高だったと発表した。申請数は510件で前期から25.3%の増加となった。
日本政府と香港政府は、今年8月、年間のビザ発給数を従来の250人から改め、10月からは双方共に1,500人に拡大する事で合意していた。前後期を合わせた2016年の審査通過者は618人となった。(申請者は917人)同制度は2010年から開始しており、これまでに計2,000人以上の青年に適用されている。

11月 8

香港人力資源管理学会(HKIHRM)は、今年9月、16業種、89社(従業員数約133,000人)対象に調査を実施、平均昇給率の見通しを前年比3.5%と発表した。企業の規模別昇給率は、従業員500人未満:前年比0.4ポイントマイナスの4.2%、500人以上1,000人未満:1ポイントマイナスの3.7%、1,000人以上:0.7ポイントマイナスの3.5%だった。また、今年の賞与支給額は、平均1.41ヶ月分で15年に比べ0.1ヶ月分の減少となった。HKIHRMの発表の数週間前には、香港人材管理協会(HKPMA)と香港バプティスト大学が

7~9月に10業種、84社(従業員数約96,000人)対象に調査を実施、昇給率の見通しを3.5~3.8%と発表していた。

今回の予測値を受けて、HKIHRMの副会長であるローレンス・ホン氏は、特別休暇の提供や従業員家族の医療費補助などの福利厚生の拡充、従業員研修制度の強化などを引き留め策とすると共に業務の効率向上など、中長期策を講じるべきと提案している。

 

10月 27

米経済誌フォーブスは、先日、2016年の中国の長者番付を発表した。1位は、不動産系複合企業、大連万達集団の王健林氏で資産総額は330億米ドル(約3兆4,560億円)。2位は、電子商取引、アリババの馬雲会長で282億米ドル、3位はネットサービス、テンセントの馬化○会長で245億米ドルとであった。

10月 26

米国クレジット大手のマスターカードによるとアジア太平洋地区での女性創業者指数で、

香港は46.4となり8位となった。同指数は、「成功創業要素」として労動参加率、創業傾向、「付帯条件」として教育程度、金融サービス利用率などの2大要素を各5項目、100点満点で算出した結果としている。全体の1位はニュージーランド(53.9)、2位以下はオーストラリア(51.7)、タイ(50.9)、フィリピン(50.6)、シンガポール(50.1)と続いた。

反面、香港では、33.7%が企業のトップに女性が就いており、1位ニュージーランド(39.9%)、2位オーストラリア(36.2%)に迫っている。

 

10月 24

香港の大手ECサイトESDライフ(長工和記実業グループ)は、今年の香港人カップル1組が結婚に関連した支出を前年比で3.7%マイナスの302,226香港ドル(約404万円)だったと発表した。香港政府が発表した昨年の香港人婚姻件数(51,609件)を基に試算した場合、今年の関連市場規模は156億香港ドルで前年の177億香港ドルから11.9%の縮小となる。1組当たりの項目別支出は、新婚旅行7.5%減の35,481香港ドル、披露宴3.9%減の153,465香港ドルとなった。今年の海外挙式の平均支出額は、前年比20.6減の108,772香港ドルで、景気の低迷を反映して日本など海外挙式に費やす金額も大幅に落ち込んだ。

10月 19

香港の4大銀行は、証券口座でのハッカー被害を受けて香港金融管理局が通達したガイドラインを実行に移している。例えば、中銀香港は90日ごとのパスワード変更を義務付け、90日以上変更がない場合はログイン不可を導入。HSBCとハンセン銀行は1ヶ月ごとのパスワードの変更を推奨。東亜銀行は、開設時に割り当てられるパスワードを変更しなければサイトにログイン出来ないようにした。

10月 6

香港建造業総工会は、香港の建設労動者の約25万人を対して、来月から5~8%の賃上げを実施すると発表した。業界の賃上げは9年連続だが、上昇率は去年の平均10.3%から大幅に鈍化した。詳細については、今月中旬に発表される予定。

賃上げの鈍化は、業界への就業者が増加した反面、建設事業の減少が背景にあるとみられている。

9月 19

香港政府統計処は6~8月の失業率を3.4%と発表した。5~7月期との比較は、消費・観光関連の失業率が5.2%となり0.1ポイント下降。特に小売の失業率は0.9ポイント上昇の5.4%となった。主な要因は、旅行者、および香港市民の消費源とみられている。
就業者数は約5,400人増の381万6,800人、労働人口は約7,700人増の395万8,000人となった。