香港の建設業界の賃上げ率が鈍化傾向へ

香港建造業総工会は、香港の建設労動者の約25万人を対して、来月から5~8%の賃上げを実施すると発表した。業界の賃上げは9年連続だが、上昇率は去年の平均10.3%から大幅に鈍化した。詳細については、今月中旬に発表される予定。

賃上げの鈍化は、業界への就業者が増加した反面、建設事業の減少が背景にあるとみられている。