【香港】日港 ワーキングホリディ 過去最高

在香港日本領事館は、21日、2016年後期の日本と香港間のワーキングホリディ対象者が493人の過去最高だったと発表した。申請数は510件で前期から25.3%の増加となった。
日本政府と香港政府は、今年8月、年間のビザ発給数を従来の250人から改め、10月からは双方共に1,500人に拡大する事で合意していた。前後期を合わせた2016年の審査通過者は618人となった。(申請者は917人)同制度は2010年から開始しており、これまでに計2,000人以上の青年に適用されている。