【香港】キャセイ航空 昇給率2%の低水準

投稿日: カテゴリー: 香港・中国ピックアップニュース

香港の大手航空会社キャセイパシフックは2日、管理職以外の一般従業員の昇給率を2%と発表した。同社の賃上げ率としては2013年以来の低水準となった。賃上げ対象者は香港ベースで勤務する14,000人。賃上げ凍結の管理職は約3,000人となった。また、年末の賞与は昨年同様に香港ベースで勤務している全従業員に対して給与の1ヶ月分を支給すると発表した。キャセイ航空の賃上げは毎年労使間で激しい攻防が報じられており、労働組合側は来年も5%の賃上げを要求していたが、業績の悪化を受けて2%を承諾した。