【香港/労動】女性の月収増加(第一四半期:1万2,800HKドル)

投稿日: カテゴリー: 香港・中国ピックアップニュース

香港政府統計処によると、2017年1月~3月、第一四半期の香港女性の月収中央値は、1万2,800HKドル(約18万2,000円)と発表された。

2016年10~12月の第四四半期から800HKドル増えた。男性の月収中央値は1万8,000HKドルで男女合わせた月収中央値は1万5,000HKドルとなった。

また同期の労動人口は394万7,400人(男性:199万4,700人、女性:195万2,700人)だった。2017年3月末時点の世帯総数は251万2,000世帯で、

2016年12月末から5,200世帯の増加、平均世帯人数は2.8人となり、1世帯あたりの月収中央値は2万6,200HKドルだった。