【香港/労動】介護業界、2018年4月に賃上げ

投稿日: カテゴリー: 香港・中国ピックアップニュース

香港政府労動・福祉局は12日、高齢者向けの家事支援職と家事支援職を対象とし、2018年4月を目処に賃上げを実施すると発表した。

現在の介護職の月収中央値、約16,000HKドル(約23万円)から18,800HKドルへ増額予定。介護現場へのIT技術導入も進め、職員の負担を軽減する。社会福利署が実施した最新の調査によると、介護職と家事支援職の欠員率は18%強となり人員不足が深刻化している。今後、介護需要は3~4倍増えると予測されており、香港政府労動・福祉局局長は、海外人材の投入は「時間の問題」との見解を示した。