【香港/教育・訓練】ドローン大手DJI 香港で人材育成

投稿日: カテゴリー: 香港・中国ピックアップニュース

ドローン世界大手のDJIは香港でドローン操縦士育成の為、中国本土に数年前に設立した「無人機応用技術トレーニングセンター(UTC)」の分校を新界・沙田に開設し、2コースの養成口座をオープンした。コース内容は、空撮技術コースとインフラ点検向けのコースで、空撮講座は4日間、約5,000ドルでコース終了後は証明書が発行され、ドローン空撮カメラマンとして仕事を受ける事が出来る。

香港の産業用ドローンは空撮が主で、ドローンカメラマンの需要は増加傾向にある。業界関係者によるとドローンカメラマンの報酬は、一般的な撮影の報酬に比べ1,000~3,000HKドル高いとの事。