網走の旅 監獄博物館

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港


網走監獄博物館
四月寒い中、北海道の網走に行って来ました。
私のルートは札幌 -> 根室に一泊(最東端の納沙布岬へ行きました~)、それから根室 -> 釧路 -> 網走 -> 札幌なので、根室から特急ではなく普通のJR電車(花咲線と釧網本線)、合計42駅乗りました~正直お尻痛いし体も硬くなったりして、窓外の景色は荒涼で、雪森草海たまに馬と鹿三昧だけど、それはそれで醍醐味があって味わえる経験です。

今回のメインコースは網走刑務所…ではなく、山の上にある網走監獄博物館です。
網走駅からバス走って約15分(途中は本物の刑務所を通ったけど降りる衝動を抑えました)、バス降りてちょっと歩くとすぐ入り口、もといチケット売り場が見えました。この場所は博物館と言っても、100年以上前の実際に使われた監獄です。敷地の広さは東京ドームの3.5個分に相当し、中には牢獄はもちろん、受刑者の浴場、休泊所、作業場(漬物、耕耘、鍛冶など)や職員官舎があります。ガイドツアー付きで回しても良い、マップの順番で進んでもなかなか面白いと思います。

施設の中で特にお勧めするのは監獄歴史館にある体感シアターの五感を使う、「赫い囚徒の森」というショットムービーが放送します。7分くらいの映像で100年前に刑務所開拓の歴史、囚徒達過酷な一生や極寒地の生活などわかりやすく表現されます。興味がある方は一度行ってみてください。

by M.A.

ビール好き“香港迷”の方に! 嬉しい記念缶

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk

香港に来た当時、ビールの安さに驚喜(!)したものです。日本からの輸入もの(アサヒ、キリン)も含めて330ml缶が100円前後でコンビニに並ぶ様子を目の当たりにし、「香港はルービー党の天国か!」とまで思ったほどです。

さすがに現在ではずいぶん値上がりしましたが、それでもまだまだ日本と比べれば安い。
ブランドにこだわらなければ、1缶50ドル以下の輸入ビールもありますし、逆に「こだわりの」香港醸造モノや各国からのクラフト・ビールも花盛りという様相で、香港ルービーシーンの多様化と盛り上がりとを感じさせてくれますね。

・・・とまあ、こういう書き出しなら舞台は「SOHOの知られざるクラフトビールの店」とかになりそうですが、残念ながらそうはならないのが「芒果日記HK」なのです・・・。あしからず。

舞台はコンビニに逆もどりです。

・・・「青島」、「藍妹(Blue Girl)」などと並んで香港平民ビールとしてお馴染みの「サンミゲル(生力)」は、130年近い歴史を持つ、フィリピンを代表するビールブランドですが、香港での醸造を始めて今年で70周年なのだそうです。

なつかし〜い! 香港返還の年、1997年のTVCM
「新鮮, 好味, year !」by 舒 淇(シウ・ケイ)

 

これまでクリスマス&新年バージョン、端午節(ドラゴンボート)バージョン等々、香港の伝統的イベントに合わせて「期間限定デザイン缶」を出してきたサンミゲルが「香港醸造 70周年」に沈黙しているはずがありません。

ざんっ!

MTRのAD ボード

ご覧の通り、楽しい「70周年記念デザイン缶」が出てます。

これです、コレ!

香港特別行政区内の18區のエリアをカバーする目論みでしょうか。
サンミゲルに絡めて各エリアの紹介が記されています。

今のところ6種類

この記念缶はコンビニで売られている4缶セットのみでの展開かと思われます。士多や超級市場では見かけませんし、コンビニ内でもバラ売りは普通の缶です。

灣仔區、東區、油尖旺區、深水埗區、荃灣區、離島區

私が確認したのは今日までこの6種。順次発売とのことですので、6種類ずつ3期に分けて登場かな、と推測しています。時期、期間は不明ですが、ぜひとも18種類を集めたいものです。

日本在住の、ビール好き“香港迷”の方には最高のお土産となりそうですね〜!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

突然ですが
「芒果日記hk」は今回が最終回となります。

短い期間ではありましたが、
こちらに書く機会を与えていただきました関係者の皆様、
拙文にもかかわらず楽しみにしていただいていた方々に、
厚く御礼申し上げます。

引き続き「香港キングスウェイにゃんでもブログ」を
よろしくお願いいたします。

donitchでした。

拝拝~!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

Viva!ワールドカップ♪

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港




2018年もう半分過ぎていましたね…日に日に暑くなってきている天気にはちょっと耐えられない状態であります。
どーも。ご無沙汰です。皆さんはお元気ですか?

さて、近況ですが、最近は暑くて中々外で何やったりとかは控え中ですが、幸い家でやることが見つかりました!
そう!ワールドカップ観戦です!
4年に1度しか観られないですので、おそらく香港で大半の男性たち(少数の女性たちも。笑)が応援したい国が出場するたびに夜更かしして観るでしょうね。

私もその一人です。何試合も観てきました。
いやー熱かったですね。いろんな意味で。
選手たちが負けたくない!勝ちたい!な気持ちはテレビ越しに伝わってきます。
それをつられてそのチームを応援したくなりますね。笑
昨日、グループ戦はすべて終わりましたので、これからの決勝トーナメントはどうなるのが本当に楽しみで仕方ありません。

さあ、今回ワールドカップに頂上にたつのはどの国でしょうか。
個人的にはブラジルが優勝して欲しいですね。

P.S.日本、決勝トーナメント進出おめでとうございます!頑張れ、SAMURAI BLUE!

By S.Y.

火事?! 消防車が来た!

投稿日: カテゴリー: 生活@香港芒果日記hk
ジリリリリ

なーんか、、
香港って、消防車の出動回数、多いような気がするのですが、
そんな風に感じるのは私だけでしょうか??

サイレンが近づいて来たと思ったら、自宅あたりで鳴り止む。
「え、どこどこ?」と窓からのぞいてみると、道の向かい側に消防車が何台も! という経験、香港サイドでも九龍でも、そして昼夜を問わず、よーくありました。

 

幸いなことに(?)煙や炎が上がっているのを見たことは一度もありません。消防の方たちはが向かいのビルに出入りしているようですが、緊迫感は感じられません。そのうち消防車もいなくなってますので、いつも何があったのか、駆けつけた理由は判然としません。。

 

先日夜10時前、わがアパートの火災報知器のベルが鳴りだしました。
まさに耳をつんざくようなジリジリ〜!というアナログ・タイプの音です。この時間ですからベルの点検とかテストではないことは明白ですが、警報音はいっこうに止みません。

う〜るさいです。 実際の出番なきを願う

実はこの前日の深夜から未明にかけて、三度ほど短く警報が鳴って起こされたので、また何かの不具合でしょと、あまり緊張感なくドアを開けてみました。
煙の気配や焦げ臭さは感じられませんが、ベルはアタマの芯に直接響くくらいの大音量で鳴り続けています。

香港人が工事の音とか、生活音、ラジオなどの音楽等、「大きな音・騒音」に対して寛容というか鈍感というか、無関心でいられるという特性を持っている事は知っているつもりでしたが、我がアパートの同フロアの住人が、部屋に居るにもかかわらず、この狂ったように音という音をかき消すほどに続く警報ベルに全く反応しないのには驚きました。

野次馬な気持ちも手伝って、せっかちな日本人は下に降りてみました。とにかくこの大音響には耐えられなかったからです。

降りてみると、安アパートの小さな入り口には数名の消防隊員が! 外には消防車が来てます。警報音が大き過ぎて消防車が来た事にも気づいてなかったんですね。私の香港生活の中で自宅アパートに消防がやって来たのは初めてのことです。

なんだ、なんだ?
来てた

管理人のおじさんにも消防の人達にも緊迫感が一切感じられないので、「何事も無い」ことは一目で分かりましたが、一応外にいる若い消防のお兄さんに「何があったんですか? 何階ですか?」と訊いてみました。「まだ分かりません」と慎重なお返事。さすがに「唔知呀〜」みたいないい加減な答え方はしないんですね。

ここがSo So 地でshort左 らしいです

気がつくといつの間にか警報ベルも収まっています。
消防チームのリーダーとおぼしき人と管理人のおっちゃんのやり取りを聴いてましたが、「火災報知器の配電盤の中身が古くてショートしてる。明日朝イチで管理会社に電話して修理してもらってください」とのこと。
まぁ、そんなこったろうと思ってた通りのことでした。

後日管理人さんに聞いたところによると、火災警報器は管理会社を通じて消防に直結しており、15分以内に消防車が到着する仕組みになっているとか。

まぁ、それ自体は「頼もしい」ことなんですが・・・
こうした「誤動作」に慣らされてしまって、イザっという時に役に立たない、いわゆる「狼少年状態」になってしまうのが怖いですよね。

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

Tuen Ng Festival

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港食@香港


Have you eaten rice dumplings? It is the traditional festival food for Tuen Ng Festival which occurs on the 5th day of the 5th lunar month in the Chinese calendar. The festival is to commemorate the death of Qu Yuan, a Chinese national hero who drowned himself in the Mi Lo River. In order to prevent fish eating his body, people threw glutinous rice dumplings called Zongzi into the water. The sorrowful tale was more than 2000 years old but is still remembered by Chinese people around the world. In Hong Kong it is marked with a public holiday.

It is said that swimming on Tuen Ng Festival will keep you healthy for whole year. Therefore, people go swimming or at least dip their hands in rivers on Tuen Ng Festival.

Today, Tuen Ng Festival, also known as Dragon Boat Festival, is a grand event for both local people and tourists. Dragon Boat Teams from overseas and local organisations join together to compete for the Dragon Boat Race. The Dragon Boats vary in size and have crews from 20 to 80 paddlers. This year the Hong Kong Dragon Boat Carnival will be held with details as followings:

Date & Time:
22 June 2018 (Friday) 12:30–18:00
23 June 2018 (Saturday) 8:30 to 17:00
24 June 2018 (Sunday) 8:30 to 16:30
Venue:
Central Harbour front Event Space

Let’s party out!

by V.W.

茶餐廳で世界杯 コロンビア vs 日本戦を観る

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港生活@香港芒果日記hk
もう始まるよ

いや〜、勝ちましたね、日本隊。

自宅でTV観戦、或いはスポーツパブなどでお友達と盛り上がった方も多いことでしょう。
サッカーにさほどの関心はない私ですが、4年に一度のワールドカップくらいは一応「ニッポン頑張れ!」とばかりに観てしまうのです。
香港ジョッキークラブでも賭けの対象になっていますし、私のように「にわか」に関心を持つ市民も多いワケで、香港の飲食店も「当店、世界杯やってます」と、チカラが入ってしまうワケですね。

友達が少ない私は「仲間とワイワイ応援!」という感じでもありませんので「近くでどっか中継観られる店はないかな」と、香港グルメサイトの「Open Rice」で探してみました。
「進階搜尋(Advanced)」で任意のエリアと 球賽直播( Live Sports Broadcast)をチェックすればリストアップされます。便利ですね。

これ便利

近所の「新匯江美食中心」という店。ついこないだまで「深夜まで開いている」という事だけが取り柄の、何のヘンテツもない大きめの茶餐廳だったのですが、おそらく世界杯に向けてでしょう、でっかいTVモニターを5つも6つも設置して、店内のどこからでも画面が観えるようになり、そのかわり外からは見えないようにガラス窓を塞いでしまうという改装を終えたばかりです。
(世界杯終わったらどーすんのかな?)

入り口に組み合わせ表
本日の中継メニュー
ミニマムチャージ 50ドル(ビールは別)

店は香港の“球迷”の皆さんで賑わっていることかと思ってましたが、さほどでもありません。入り口に設置された整理券も意味なく、すんなり座れました。

あまり意味なし
キャプテン翼!

一人だけ日本代表の青いユニフォーム(背中には「キャプテン翼」!)を着ているおじさんがいましたが、サッカー観戦目当てのお客さんは全体の三分の一程度でしょうか。時間帯的に普通の夕食客で賑わっています。

観戦準備よし

さて試合ですが、、
開始早々の日本隊の先制機に「十二碼〜!」と声が出てしまったのも、香川選手のゴールに「よしっ!」と手をたたいてしまったのも、私一人でした。
周りの香港人の反応は、「わぁぁ」と「いぃ〜い」。
きっとみなさん「コロンビアの勝ち」に賭けているのでしょう。まあ、戦前の大方の予想からすれば普通はそうでしょうね。

日本先制!にも無関心

ほぼアウェーな感じですが、「日本仔好野」とボソっとつぶやいたのは店員のおっちゃん。
「日本仔」て。。。。別にいいんですけど。笑

当然強いであろうコロンビアに日本隊がどんだけ頑張るか、くらいの気分で観戦していた私でしたが、時間の経過とともに「おいおい勝っちゃうよ」と内心ドキドキでした。

試合終了の瞬間は粗口こそ聞こえませんでしたが、「あ〜ぃ」とみなさんガッカリのご様子。「好開心」なのは私とキャプテン翼のおじさんだけ(?)。

勝った! けど、周りは冷ややか。。

 

アウェーな雰囲気の中で日本隊の勝利を見届けるのも、案外悪くないかもです。

イェイ。

 

新匯江美食中心

長沙灣元州街271號昌發工廠大廈地下
G/F, Cheong Fat Factory Building, 271 Un Chau St., Cheung Sha Wan
MTR長沙灣站駅 A2 出口, 徒歩約4分鐘
TEL:23615012
營業時間:07:00 – 01:00

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

【新卒向け】アジア 海外就職をするために今できること【資格・経験・給料】

投稿日: カテゴリー: 仕事@香港



最近、「新卒」で「海外就職」を検討されている方からの相談を受けることが増えています。
はじめに言っておきますが、香港では新卒の場合、就労ビザ取得が難しく、香港の新卒での就職は難しいとお考え下さい。

実は、私も大学卒業後、新卒で海外に就職した経験があります。

それを踏まえてアドバイスさせていただくと、最初から海外就職に「仕事の選択肢」・「高待遇」・「高い給料」等を求めているのであればまずは新卒切符を使って日本の企業に就職し、経験を積んだ後海外で就職するのが一般的には一番の近道だと思います。

ですが、待遇やお金よりも「海外就職」に明確な動機があり、リスクを取ってでもやってみたいという方がいらっしゃったら是非、この記事を参考にしてチャレンジしてみてください。

新卒で海外就職をし、キャリアアップさせた方もいらっしゃるので、目標やプランの仕方により成功させるのも不可能ではありません!

香港が難しいことはすでにお知らせしましたが、現在アジア諸国のビザ規定の中で新卒を受け入れているのが、「タイ」です。

卒業後すぐにアジアで働く志のある方は、まずタイの求人を攻めていくのが確実と言えるでしょう。

他の国はケースバイケースのところが多いです。
マレーシア、ベトナム、インドネシア等も職種や経験によってはビザが降りる場合もあるので、一概に不可能とは言い切れませんが、かなり稀なケースにはなるでしょう。

by H.K.

中環で「白亜紀の王者」に会える!

投稿日: カテゴリー: 娯楽@香港芒果日記hk

今、セントラルのifcモールで

T-Rexに会えます!

 

♪ 20th century toooooy

 

おっと、、

こっちぢゃなくて、、笑

 

恐竜のティラノサウルス レックスです!

MTR中環駅から香港駅まで、あえて地下道を行き、「F出口」からエスカレータでifcモールに上がって行くと、、

ズズズズズズ

 

と、こんな感じで「出現」します。

(ゴジラさんのお声を拝借しました。イメージです、イメージ。。)

 

デカイです!

ピンク
よくこんなん組み立てたなぁ。。

私が子供の頃、夏休みや冬休みは東宝チャンピオン祭りの「ゴジラ・シリーズ」、大映マンガ祭の「ガメラ・シリーズ」が最盛期で、テレビでは毎週ウルトラ系の新種の怪獣や○○星人が現れるという、まさに「怪獣黄金時代」でした。
当然恐竜も人気が高く、私も学研の「科学と学習」の「科学」だったか、誠文堂新光社の「月刊・子供の科学」でだったか、最初に発見された恐竜「イグアナドン」の発掘物語に夢中になったものでした。
「恐竜図鑑」を毎日のように眺めながら、ブロントサウルスだのステゴサウルスだの、トリケラトプスだのと恐竜の名前を憶えたものです。中でもカッコよかったのは二足の肉食恐竜ですね。ゴルゴサウルスにアロサウルスに、チラノサウルス・・・。そう、当時は「ティラノ」ではなく「チラノ」と表記されていたのを記憶しています。「レックス」も書いてなかった。
しかも、、当時の恐竜たちは皆シッポを地面にひきずっていましたよね。ゴジラスタイルのあの胸を張った姿で描かれていました。オモチャや模型で恐竜を再現するには3点で上体を支える方が安定よかったでしょうが、生物学的研究が進み、現在の鳥のような歩行スタイルだったという風に改められたのですね。

まあ、鳥の祖先は恐竜ですしね。

 

えーっと、、ifcモールのティラノサウルス レックスですね。全長は12メートル、重さ約2トンということですが、これは化石の重さでしょうね。調べてみたところティラノの体重は5〜6トンと推定されているようですから。

まあ、見上げるほどに(笑)大きいです。。。

人間なんてオヤツですね。。こわっ!

私は、初めてナウマン象の全身骨格を見た時「象なのになんで鼻がないん?」と思ったほどマヌケな子供だったのですが(笑)、このティラノの全身化石は分かり易いですね。

あ、写真は撮り忘れてしまいましたが化石の傍に「実際にはこんな姿だったんだよ」と、CGで確認できるタブレットが設置されています。

バランス、バランス
つんつん。。。さわれます。
これを枕に昼寝したら、白亜紀の夢をみるでしょう。。

6,500万年前の白亜紀、300万年にわたって地上最大、最強の生き物として生態系の頂点に君臨したとされるティラノサウルスですが、地球誕生から46億年という時間の中ではほんの短い期間でしかありません。
10数メートルの体長、数トンの体重にしても地球規模、宇宙規模で見ればち〜っぽけな存在ですね。

 

ましてや高々20万年選手の我々人類なんて、ねぇ。。。

 

俯瞰で見ると、
キレイに食べた焼き魚の残骸に、、さも似たり。。

 

口に脚がついてるような。。
展示は今月27日(水)まで

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

役に立っても立たなくても、
「ちょっと面白かった」という方、
[にほんブログ村 香港情報]のバナーを
クリックお願いします!

下次見~!
donitchでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

E-BOOKS

投稿日: カテゴリー: 生活@香港

住む場所が限られてる香港では、本を買うのも贅沢になります。おまけに今はエレベータなしの所に住んでいますので、引越しの時の苦労を考えたら涙が出そうです。

それを解決する為に買ったのが、Kindleです。一番軽い端末の重さはたった161g、持ち出し易いので、出勤中に愛用しています。

昔は欲しい本を予約して、郵送を待つ必要がありましたが、今は待たずに直ぐ手に入ります!気になる本があれば、先ずアマゾンでサンプルを読んで、本当に欲しいと確認してから購入する事も出来ます。さらに、半額くらいの割引もあるので嬉しいです!

便利~いい買い物をした~と喜んだら、一つ大きい問題を発見しました。
なんと、本当は日本のKindle本は海外から、買えない事です。世界はネットで繋がる時代になりましたが、買えないのです(涙)

今はまだ運がよく購入する事が出来ていますが、いつ急に買えなくなるのか、ドキドキしながら今日もKindleをカバンの中に入れて、出勤します。

by K.A.

暑い5月

投稿日: カテゴリー: 生活@香港


今年の5月は暑いです!

端午節の前までに衣替えをする慣習がありますが、今年の端午節は6月中旬に行われるというのに、もう暑くてたまらないのです。

今年の5月は33度以上の日が15日間も続き、昔の記録が破られました。
気象局は最も長い連続酷暑の記録が更新されたと発表しました。二番目は1963年の5月で、8日間でした。

酷暑のせいで倒れた人はどんどん出てきた上に、小さい貯水場も涸れてしまいました。

今年の梅雨時期は季節風とぶつかって、何となくならなかったのに、
また異常な暑さが襲来して、これは地球温暖化のせいでしょうか。

これからの気候はどうなるんでしょうか。

by P.C.